ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)は、2020年3月9日、同年4月1日から京都市内に「京都研究室」を開設すると発表した。同社としては国内では初の支所となる。

 同研究室のトップには、ソニーCSL副所長で東京大学大学院情報学環教授でもある暦本純一氏が就任する。肩書きは、「ソニーCS京都研究所ディレクター」となる。

 暦本氏は、創造性を含めた人間の能力拡張を目指すヒューマンオーグメンテーション(Human Augmentation)の研究者として有名。京都研究室では、東京拠点で行ってきた同研究を主体として行うという。研究室の所属メンバーは当初3人を予定している。