PR

 社内で配布しているデバイスの例も紹介した。LTE接続に対応した14型のモバイルノートPC、デュアルモニターを必要とする従業員向けのモバイルモニター、ヘッドセットなどだ(写真9)。特にヘッドセットは投資対効果が高いという。

写真9●レノボが社内配布しているデバイスの例
写真9●レノボが社内配布しているデバイスの例
[画像のクリックで拡大表示]

 これから導入する企業に向けては、「まずは就業規則を変えるところから始めてほしい。初めから完璧にはできない。持続可能なテレワークを少しずつ広げていくことが重要だ」(元嶋氏)と語った。

 説明会後にはレノボ・ジャパン本社オフィスを報道関係者に公開した(写真1011)。説明会当日は全社一斉にテレワークを強く推奨しており、出勤している従業員は数人だった。前日までの出社率も3割程度で、テレワークが大半を占めているという。

写真10●全社一斉テレワークを実施したレノボ・ジャパンの本社オフィス
写真10●全社一斉テレワークを実施したレノボ・ジャパンの本社オフィス
[画像のクリックで拡大表示]
写真11●ミーティング用のスペースは閑散としていた
写真11●ミーティング用のスペースは閑散としていた
[画像のクリックで拡大表示]