PR

 華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)は2020年3月16日、Androidスマートフォンのフラグシップモデル「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」を日本市場に投入することを発表した(写真1)。発表当日より100人限定の先行販売の受け付けを開始し、4月中旬に一般販売する。

写真1●ファーウェイが「Mate 30 Pro 5G」を国内投入へ
写真1●ファーウェイが「Mate 30 Pro 5G」を国内投入へ
(出所:ファーウェイ・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 Mate 30 Pro 5Gは、ファーウェイが2019年9月にドイツ・ミュンヘンで発表した。グーグルのモバイルサービス(GMS)を搭載せず、ファーウェイ独自のモバイルサービス(HMS)のみを搭載したモデルとしては国内初投入となる。

最新フラグシップを国内投入、5Gにはアップデートで対応へ

 製品発表に先立ってオンラインで開いた説明会には、ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョンプレジデントの呉波氏が登壇(写真2)。スマホ市場における2019年のファーウェイのシェアについて、グローバルでは2位、国内ではキャリア市場とSIMフリー市場を合わせた市場で3位との数字を挙げた。

写真2●ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョンプレジデントの呉波氏
写真2●ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョンプレジデントの呉波氏
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品のMate 30 Pro 5Gは、最新プロセッサー「HUAWEI Kirin 990」を搭載したフラグシップモデル(写真3)。リアカメラは4000万画素の超広角カメラなど4眼を搭載。画面には約6.53型の有機ELを採用した。メモリーは8GB、ストレージは256GBを搭載する。

写真3●HUAWEI Mate 30 Pro 5G
写真3●HUAWEI Mate 30 Pro 5G
[画像のクリックで拡大表示]

 5G通信にはソフトウエア更新により対応予定となっている(写真4)。5G用のアンテナは14本を搭載、Sub6の周波数に対応する。バンドはn79、n78、n77をはじめ、日本と中国の5Gネットワークに対応。ハードウエアとしてはグローバルの通信事業者に対応するという。

写真4●日本と中国の5Gバンド(Sub6)に対応
写真4●日本と中国の5Gバンド(Sub6)に対応
[画像のクリックで拡大表示]

 SIMカードスロットはデュアルSIMに対応(写真5)。5Gのデータ通信とVoLTEによる音声通話を同時に利用できるほか、NMカードによるストレージの拡張にも対応する。

写真5●デュアルSIMに対応
写真5●デュアルSIMに対応
[画像のクリックで拡大表示]

 日本向けの本体カラーはオレンジの1色のみ。外形寸法は158.1×73.1×9.5mm、重量は198gとなっている。

 市場想定売価は12万8800円(税別)とした。購入したユーザー向けには、2年間の保証や専用のサポートラインなどの特別サービスを提供する(写真6)。

写真6●ユーザー向けの特別サービス
写真6●ユーザー向けの特別サービス
[画像のクリックで拡大表示]