PR

 販売にあたっては、100人限定の先行販売を実施する(写真7)。東京・銀座、大阪・梅田のカスタマーセンターで受け取りができることが条件となる。購入特典としてワイヤレスイヤホンの「HUAWEI FreeBuds 3」とワイヤレス急速充電器を提供することに加え、1万円の値引きをする(写真8)。

写真7●100人限定で先行販売
写真7●100人限定で先行販売
[画像のクリックで拡大表示]
写真8●先行販売の購入特典
写真8●先行販売の購入特典
[画像のクリックで拡大表示]

 一般販売は4月中旬に開始する(写真9)。販路として、実店舗ではヨドバシカメラ、ビックカメラ内の各ファーウェイショップで、Eコマースではファーウェイの楽天市場店、PayPayモール店で取り扱うとした。

写真9●一般販売は4月中旬
写真9●一般販売は4月中旬
[画像のクリックで拡大表示]

GMSは搭載せず、HMSアプリの拡充を進める

 Mate 30 Pro 5Gで利用できるアプリは、ファーウェイ独自のモバイルサービス(HMS)で動作するものに限られ、グーグル製のアプリやGoogle Playストアは利用できない(写真10)。アプリストアとしては「HUAWEI AppGallery」を利用する。

写真10●「HMS」で動作するアプリを「HUAWEI AppGallery」から入手できる
写真10●「HMS」で動作するアプリを「HUAWEI AppGallery」から入手できる
[画像のクリックで拡大表示]

 ファーウェイによれば、AppGalleryはグーグル、アップルに続く世界3位のモバイルアプリストアだという。世界で170以上の国に展開し、月間アクティブユーザー数は4億人。参加しているアプリ開発者は130万人とした。

 特徴的な機能としては、アプリを端末にインストールすることなく利用できるためストレージ容量を節約できる「QuickApp」を紹介した(写真11)。グローバルで1700以上のアプリがQuickAppに対応しており、今後も増加予定とした。

写真11●インストール不要の「QuickApp」機能
写真11●インストール不要の「QuickApp」機能
[画像のクリックで拡大表示]

 HMS対応アプリの拡充にも取り組む(写真12)。アプリ開発者はGMSをHMSに置き換える必要があるものの、ファーウェイは多彩な開発用SDKを提供しており、グローバルで10億ドルの支援プロジェクトを展開しているとした。

写真12●HMSアプリの拡充に取り組む
写真12●HMSアプリの拡充に取り組む
[画像のクリックで拡大表示]