PR

 CS(顧客満足)に関する調査会社の米J.D.パワー(J.D. Power Associates)は2020年3月12日、2020年の米国ディーラーサービス満足度調査「2020 Customer Service Index(CSI)Study」の結果を発表した。ブランド別ランキングでは、高級車ブランドがトヨタ自動車の「Lexus」、大衆車ブランドでは米GMの「Buick」が首位となった。

高級車部門のランキング
高級車部門のランキング
(出所:J.D. Power Associates)
[画像のクリックで拡大表示]

 この調査は、自動車保有/リース歴が1~3年のオーナーに対し、自動車のフランチャイズディーラーまたは独立した自動車整備店で受けたサービスに対する満足度を調べたもの。2019年8~12月に調査し、2017~2019年モデルを所有する7万1286人から回答を得た。

 1000ポイント満点で、高級車ブランドの平均は864ポイント、大衆車ブランドは831ポイントで、全体平均は837ポイントになり、5年連続で満足度が向上している。ディーラーサービスの満足度を構成する要素は、重要度順にサービス品質(27%)、初期対応(20%)、サービス面のアドバイス(20%)、施設(17%)、車両授受(16%)。

大衆車部門のランキング
大衆車部門のランキング
(出所:J.D. Power Associates)
[画像のクリックで拡大表示]