PR

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2020年3月17日、本社で記者説明会を開き、個人向けの格安SIMサービス「IIJmio」において「eSIM」を使った新しいプランを発表した(写真1)。2020年3月19日から提供を始める。

写真1●IIJが個人向けのeSIMサービスを開始
写真1●IIJが個人向けのeSIMサービスを開始
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

大手キャリアにはないeSIMサービスをいち早く提供

 eSIMを使うと、物理的なSIMカードを抜き差しすることなく、対応端末にプロファイルをダウンロードするだけでデータ通信が可能になる。IIJは2019年7月からeSIMを用いたサービスをベータ版として提供しており、今回発表したプランはその正式サービスとの位置付けだ。

 説明会に登壇したIIJの矢吹重雄MVNO事業部長は、「eSIMの正式サービスによって、スマホの新たな利用シーンを広げたい。大手キャリアにはないeSIMサービスをいち早く提供していく」と意気込みを語った(写真2)。

写真2●IIJの矢吹重雄MVNO事業部長
写真2●IIJの矢吹重雄MVNO事業部長
[画像のクリックで拡大表示]

 正式サービスは個人向けのIIJmioから始めるが、今後は法人向けの展開も視野に入れる。販売チャネルは直販に加え、代理店やOEMにも拡充していくとした。

月額150円からの「ゼロ」プラン、大手キャリア回線を補完

 続いてeSIMサービスの詳細を、亀井正浩MVNO事業部コンシューマサービス部長が紹介した(写真3)。2019年7月から提供してきたベータ版の契約数は1万4000回線で、新規契約の比率が7割と高く、「eSIMでIIJmioに関心を持った人や、かつてのユーザーが戻ってきている」(亀井部長)とした(写真4)。

写真3●IIJの亀井正浩MVNO事業部コンシューマサービス部長
写真3●IIJの亀井正浩MVNO事業部コンシューマサービス部長
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●eSIMベータ版の契約数は1万4000回線
写真4●eSIMベータ版の契約数は1万4000回線
[画像のクリックで拡大表示]

 利用者は9割が男性で、20代と30代が40%を占めるなど、若い世代に人気があるとした(写真5)。利用している端末はiPhoneが多いという。

写真5●eSIMベータ版の利用者層
写真5●eSIMベータ版の利用者層
[画像のクリックで拡大表示]

 新プランの名称は「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」である(写真6)。月額150円(税別、以下同じ)の基本料金にデータ通信の容量は含まず、必要に応じて購入する。ベータ版のサービスも引き続き継続する。

写真6●新プラン「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」の概要
写真6●新プラン「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」の概要
[画像のクリックで拡大表示]