PR

 ソニー損害保険は2020年3月18日、スマートフォンで計測した運転特性から事故リスクを推定し、安全運転のドライバーに保険料をキャッシュバックする自動車保険「GOOD DRIVE(グッドドライブ)」の販売を始めたと発表した。AI(人工知能)を使い、事故リスクに応じて最大30%をキャッシュバックする。

自動車のアクセサリーソケットに専用デバイスを装着して計測する
自動車のアクセサリーソケットに専用デバイスを装着して計測する
(出所:ソニー損害保険)
[画像のクリックで拡大表示]

 専用のデバイスとスマホ用アプリを使って運転特性を計測する。自動車のアクセサリーソケットにデバイスを装着し、Bluetoothでスマホと接続してデータを収集する。

 運転特性データは走行時間やアクセル、ブレーキ、ハンドル、走行中のスマートフォン操作の状況など。年齢などは考慮しない。これらのデータから事故リスクをAIが推定し、キャッシュバック率を5段階で決める。