PR

 トヨタ自動車の子会社で、自動運転ソフトウエアを開発するトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)と、自動運転用の高精度地図(HDマップ)を日本と北米で提供するダイナミックマップ基盤(DMP)は2020年3月17日、両社の技術を活かした高精度地図の自動更新技術の実証試験を4月から始めると発表した。

(写真:TRI-AD)
(写真:TRI-AD)
[画像のクリックで拡大表示]

 TRI-ADのオープン・ソフトウエア・プラットフォーム「自動地図生成プラットフォーム(AMP)」を用いて、車両センサーで収集したデータから道路の変化した個所を自動抽出する。この抽出された変更点をDMPのHDマップに反映し、効率的に更新する試験を実施する。

 先進運転支援システムや自動運転システムには、高精度かつ高品質な地図が欠かせない。また、実際の道路上にある標識ペイントや構造物の変化を迅速に把握し、地図を更新させる必要がある。現在は、工事情報などに基づき計測車両で現地調査して変化点を把握しており、調査費用やタイムラグが課題となっている。

 今回の実証試験では、TRI-ADの画像認識技術を用いて一般車両に搭載できるカメラから入手したデータで道路上の変更点を自動で検出する。これにより計測車両の走行距離や台数、人件費を大幅に削減でき、迅速にHDマップを更新できるとする。実証試験後、2021年度からの運用開始を目指す。また、更新頻度を短縮する方策の検討や、DMPグループの米Ushrが北米で提供するHDマップでもAMPを活用したデータ更新を検討する。