米アップルは2020年3月18日、タブレット端末「iPad Pro」とノートパソコン「MacBook Air」の新型機をそれぞれ発表した。新型iPad Proには、周囲の3次元(3D)データを取得できるLIDARを搭載した(発表資料)。MacBook Airの新型機では、基本構成のストレージ容量を256Gバイトとし、前世代の2倍にした(発表資料)。

新型iPad Pro
新型iPad Pro
[画像のクリックで拡大表示]

 新型iPad Proが搭載したLIDARは、最大5m先の対象物までの距離を計測できる。屋内と屋外の両方で利用可能とする。距離計測には、赤外光を照射し、反射光が戻るまで時間を利用して算出する「ToF(time-of-flight)」を用いる。ToFのうち、数mを高い分解能で測距できる「ダイレクト方式」を採用したという。

 LIDARの測定結果に加えて、カメラとモーションセンサーからのデータを組み合わせることで、周囲の状況を把握できるようにする。その結果、実際の映像にコンピューター画像を組み合わせた新しいAR(拡張現実感)体験を提供できるとする。

 LIDARによって、計測アプリの性能を向上できたという。例えば、人の身長を素早く測定できるようになったり、「ルーラービュー」と呼ぶ目盛りを表示して測定値を視認しやすくしたりした。

 発表資料では、LIDARを活用したアプリを数例紹介している。例えば、理学療法士やその患者に向けた、身体機能を評価するアプリが利用できる。また、部屋の中を計測した結果を利用して、その部屋の中に仮想の家具を配置したり、ゲーム向けの仮想の障害物を配置したりするアプリもある。

身体機能を評価するアプリの例
身体機能を評価するアプリの例
[画像のクリックで拡大表示]
ゲーム向けアプリの例。部屋の状況をLIDARで測定し、その結果を基にリビングルームを溶岩が一杯の障害物コースに変えている
ゲーム向けアプリの例。部屋の状況をLIDARで測定し、その結果を基にリビングルームを溶岩が一杯の障害物コースに変えている
[画像のクリックで拡大表示]
仮想のオブジェクトを配置し、部屋の模様替えを事前に検討できるアプリの例
仮想のオブジェクトを配置し、部屋の模様替えを事前に検討できるアプリの例
[画像のクリックで拡大表示]

 新しいiPad Proには、アプリケーションプロセッサー「A12Z Bionic」を搭載。同プロセッサーには、8コアのCPUと8コアのGPUを備える。4K映像を撮影できる1200万画素の広角カメラと、1000万画素で視野角125度の超広角カメラを搭載する。音質が高いマイク5つと、スピーカー4つを備える。

 既に予約を開始しており、3月25日から販売を始める。価格は、11型品のWi-Fiモデルが8万4800円(税別)から、移動通信機能を備えたモデルが10万1800円(同)から、12.9型品のWi-Fiモデルが10万4800円(同)から、移動通信機能を備えたモデルが12万1800円(同)である。

 iPadOS 13.4でiPadがトラックパッドに対応する。そこで、iPad Proに向けた、トラックパッド搭載の新しい「Magic Keyboard」も発表した。

新型「MacBook Air」
新型「MacBook Air」
[画像のクリックで拡大表示]

 MacBook Airの新型機では、前述のストレージ容量の増加の他に、演算処理の性能を高めた。前世代品に比べて、最大2倍だという。キーボードも刷新。16型の「MacBook Pro」で初めて採用された、新しいMagic Keyboardを搭載した。発売は来週としており、3月28日のもよう。価格は10万4800円(税別)からである。

 このほか、「Mac mini」の新型も発表。ストレージ容量が従来の2倍になった。