PR

 ソニーグループでゲーム事業を手掛ける米ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は2020年3月18日(現地時間)、同年末の年末商戦に発売予定の新しいゲーム機「PlayStation (PS)5」の本体仕様などを、PS5の「リードアーキテクト」を務めるマーク・サーニー氏によるオンライン講演を通じて明らかにした(関連公式ブログ)。

SIEのマーク・サーニー氏がオンライン講演でPS5の本体仕様を解説
SIEのマーク・サーニー氏がオンライン講演でPS5の本体仕様を解説
画像は公式動画を日経クロステックがキャプチャーしたもの
[画像のクリックで拡大表示]

 本来は、同年3月16~20日に米サンフランシスコで開催予定だった世界最大級のゲーム開発者会議「Game Developers Conference(GDC) 2020」で発表予定だった。新型コロナウイルスの影響で中止になったことから、オンラインでの講演に切り替えて発表した。

 今回の講演から明らかになったのは、SDDやプロセッサーなどのハードウエアの詳細や、3Dオーディオといった音声機能に対するSIEのこだわりである。SSDの搭載や3Dオーディオの対応などを既に発表済みだが、仕様などを明らかにするのは今回が初めてである。

 SSDには、カスタムのフラッシュメモリーコントローラーを採用し、読み込み速度を5.5Gバイト/秒に高めた。高速なSSDを搭載したのは、ゲーム開発者からの要望を反映したからだとする。容量は825Gバイトである。メインプロセッサーとSSDは、PCI Express 4.0で接続する。

PS5に搭載するSSDの概要
PS5に搭載するSSDの概要
画像は公式動画を日経クロステックがキャプチャーしたもの
[画像のクリックで拡大表示]

 メインプロセッサーとして、米AMD製のカスタム品を搭載する。CPUには、「Zen2」アーキテクチャーを採用した8コア品を採用。動作周波数は可変で、最大3.5GHzである。

 GPUには「RDNA(Radeon DNA) 2」アーキテクチャーをベースにしたものを採用。動作周波数は可変で、最大2.23GHz。演算処理性能は、10.3TFLOPSである。レイトレーシングに対応する。

 システムメモリーとして、GDDR6対応の16Gバイト品を搭載。帯域幅は448Gバイト/秒である。

 「Tempest」と呼ぶ 3Dオーディオ技術を採用。同技術を通じて、従来よりも高い「実在感」と「定位感」を得られるとする。これにより、ゲームに対するユーザーの没入感を高める。例えば、雨粒がさまざまな物体の表面に当たる音や、敵がどの方向に潜んでいるかを聞き分けることができるようになるという。ヘッドホンやテレビ内蔵のスピーカー、テレビ外付けのスピーカー(サウンドバー)といった異なるさまざまな音響機器で、高いオーディオ体験を提供することを目標に掲げている。

 PS5では、現行機の「PlayStation (PS)4」向けゲームに対する下位互換性を確保する。SIEによれば、PS4でプレイ時間が長い上位100タイトルのゲームを調べたところ、ほぼすべてがPS5の発売時にスムーズに動作するとみている。PS4では、4000タイトル以上のゲームソフトが存在するため、検証を続けて、互換性確保を進めていく。

 なお、SIEは本体形状や具体的な発売日、価格などを明らかにしなかった。

■変更履歴
公開当初、PS5のSSDの容量を誤って記載しました。おわびして訂正します。本文は修正済みです。[2020/03/20 06:20]