PR

 ソフトバンクグループ(SBG)は2020年3月23日、保有資産のうち、最大4兆5000億円を売却、あるいは資金化すると発表した。最大2兆円の自社株買いのほか、負債の償還や社債の買い入れ、現預金残高に充てる。SBGの市場での低評価の改善を促すと共に、財務基盤を強化する狙いだ。

 約1年をかけて、資産売却や自社株買い、負債削減などに取り組む。既にSBGは2020年3月13日に5000億円の自社株買いを発表しており、今回の分を合わせると、自社株買いの規模は最大2兆5000億円に達する。SBGは発行済み株式総数の45%を取得・消却することになる。

 SBGの孫正義会長兼社長は「このプログラムは当社史上最大の自己株式取得であり、さらに過去最大の現預金などの増加につながるもので、当社の事業に対する揺るぎない自信に基づくものだ。加えて、このプログラムによって当社は、負債の削減を通じてバランスシートを強化する」とコメントした。

 既に有力アクティビストの米エリオット・マネジメントがSBG株を取得したことが明らかになっている。さらに、世界経済は新型コロナウイルスの流行で、下押し圧力が強まっている。SBGの広報担当者は「このような環境なので、財務改善と株主還元の両方を強く打ち出すことが重要であると考えた結果だ」と語った。