NTTとトヨタ自動車は2020年3月24日、スマートシティー事業の事業化に向けて資本業務提携すると正式発表した。2社は互いに約2000億円を出資して株式を持ち合う。加えて、トヨタが静岡県裾野市に建設する計画のスマートシティー構想「ウーブン・シティ」の実現に向け、NTTは通信技術やスマートシティー開発のノウハウなどで協力する。

 東京都内で同日午後に開いた記者会見で、トヨタ自動車の豊田章男社長は「NTTグループは企業グループの事業モデルをハード主体からソフト主体の総合情報通信企業へと変革してきた先駆者である」とした。さらに「トヨタがモビリティーカンパニーにフルモデルチェンジし、ソフトウエアファーストで社会システムと結び付いたクルマ開発を実現していくうえで、NTTとの提携はトヨタにとって必要不可欠だった」と提携の意義を強調した。

トヨタ自動車の豊田章男社長
トヨタ自動車の豊田章男社長
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTの澤田純社長は「トヨタとの資本業務提携について非常に興奮している」と話した。続けて「世界や国の発展と、地域の住みやすさとを両立させるため、私たちはスマートシティーを広げていく必要がある。世界中で自動運転に取り組んでいるトヨタと当社が手を組むことで、住民や地域の社会基盤を提供していきたい」と今回の提携への意気込みを語った。

NTTの澤田純社長
NTTの澤田純社長
[画像のクリックで拡大表示]