PR

 NHKは2020年3月25日、新型コロナウイルスの感染拡大によって、受信料の事業所割引の手続きや期限までの支払いが難しくなっていることから、適用解除期間の緩和などの特別措置を実施すると発表した。

 事業所割引は、受信料の支払いが連続6期間ない場合、遡って割引が解除されることになっている。今回の措置では、2020年2月から7月末までの期間(3期間)は受信料支払いの延滞があっても、受信料の支払いがない期間に含めないようにする。

 事業所割引との併用が可能な多数一括割引についても特別措置を講ずる。2020年2月から7月末までの期間は受信料の支払いを延滞しても、8月1日から1年以内に一括して支払えば、割引を適用する。