PR

 中国・吉利グループ(浙江吉利控股集団)とスウェーデン・ボルボ(Volvo Cars)が共同所有するEVブランド「ポールスター(Polestar)」は2020年3月24日、中国の路僑工場で電気自動車(EV)「Polestar 2」の生産を正式に開始したと発表した。Polestar 2の販売はオンラインのみ。2020年夏から欧州の顧客に納入が始まり、その後、中国と北米市場にも導入する。

(写真:Volvo Cars)
(写真:Volvo Cars)
[画像のクリックで拡大表示]

 中国はもちろん、世界各地が新型コロナウイルスの脅威にさらされている中での生産開始となった。同社CEOのThomas Ingenlath氏は「従業員の健康と安全に重点を置いている。工場のスタッフとサプライチェーンを確保するチームが努力した結果、困難な状況でも生産を開始できた」とコメントしている。

 Polestar 2は4輪駆動で、二つのモーターを搭載し、合計で最高出力が300kW、最大トルクが660N・mとなっている。容量が78kWhのLiイオン2次電池を搭載し、フル充電での航続距離はWLTPモードで470kmとなる。

 米グーグル(Google)のモバイル機器用OS「Android」を車載用に改良し、インフォテインメントシステムに搭載する。これは量産車では世界で初めてだという。車内で地図アプリ「Googleマップ」や音声アシスタント「Googleアシスタント」、アプリストア「Google Playストア」を使える。