PR

 大日本印刷(DNP)は、第5世代移動通信(5G)に対応する「透明アンテナフィルム」を開発した(ニュースリリース)。透明なフィルム上に、超微細な金属配線をメッシュ(網目)状に形成したもの。透明性が高いことが特徴で、例えば、クルマや建造物の窓ガラスに、視認性を損なうことく5Gアンテナを設置できるようになる。

開発したアンテナフィルムの応用例
開発したアンテナフィルムの応用例
(出典:大日本印刷)
[画像のクリックで拡大表示]

 DNPによれば、5Gの高速大容量のデータ通信にはミリ波帯の電波(波長1~10mm、周波数30G~300GHz)が用いられる。従来のマイクロ波と比較しミリ波は近傍製品の影響を受けやすく、アンテナ設置場所の自由度が低いという問題がある。また、ミリ波は電波の直進性が強く、従来以上の通信環境を確保するにはアンテナの設置数を増やす必要があることも課題という。

 こうした問題・課題に対して、今回DNPは、人の眼では視認されない超微細金属メッシュ配線を開発し、透明アンテナフィルムを実現させた。これにより、5G対応のさまざまな製品に意匠性を損なうことなくアンテナ機能を追加できる。モバイル機器のみならず基地局やIoT機器等への自由なアンテナ設置が可能になるとする。また、5G対応アンテナを建造物室内の壁や天井、窓ガラス、大型ディスプレー、さらに車体のガラスなどにも貼付することで、さまざまな空間で5G電波を受信しやすくできるという。開発した透明アンテナフィルムは、金属材料の選択と形状設計により、メッシュを視認できない線幅にしても、アンテナに適したシート抵抗(2.5Ω/□)を確保できるため、5G対応製品のアンテナとして十分な性能を発揮するとしている。

開発したアンテナフィルムの拡大写真
開発したアンテナフィルムの拡大写真
(出典:大日本印刷)
[画像のクリックで拡大表示]

 今後、DNPは、開発した透明アンテナフィルムや、放熱部品「ベーパーチャンバー」(関連記事「5Gスマホを冷ます、大日本印刷が0.25mm厚の極薄べーパーチャンバー」)などの5G向け電子部品と、IoTの情報セキュリティーを高めるプラットフォームなどを組み合わせて、5Gが実現する情報社会を支えるソリューションを提供するという。DNPは、今回開発した透明アンテナフィルムをさまざまな企業へ提供し、2022年度に量産を開始し2025年度に年間100億円の売上を目指す。