PR

 NTTデータと米DataRobotは、AIの活用を推進して乳がん検査の精度向上を支援する取り組みを始めると2020年3月26日に発表した。広島大学発のベンチャー企業であるミルテルが提供する乳がん検査「乳がんミアテスト」の精度向上のために、機械学習の自動化を実現するエンタープライズAIプラットフォーム「DataRobot」と、AI・データ活用の成功を支援する「AIサクセスプログラム」を提供する。

乳がんミアテストの検査イメージ(出所:NTTデータ)
乳がんミアテストの検査イメージ(出所:NTTデータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ミルテルは疾患の早期発見を促す「ミアテスト」の検査を2013年に開始した。ミアテストは、採血だけの検査で疾患細胞から出てくる血液中の疾患特異的な因子「マイクロ RNA」を検出し、疾患のリスク判定につなげられる。既存の検査に比べ患者の負担が少ないという利点の他、画像検査などでは発見しにくいレベルの検知も期待できるとする。

 ミアテストの乳がん検査サービス「乳がんミアテスト」の実現に向けて、これまでは広島大学の研究結果に基づき、R言語などにより手動で作成した数式ベースの予測モデルを用いて検査していた。今回DataRobotを使うことで、機械学習モデルの選定やパラメーター最適が自動化される。高度なスキルを持ったデータサイエンティストがいなくても、精度の高いモデルを高速に作成できるようになるという。

 NTTデータとDataRobotが提供するAIサクセスプログラムでは、DataRobotを使ってモデル精度をさらに向上させるために、テーマ推進支援(モデリング精度向上支援、特徴量エンジニアリング・要因分析支援、システム開発・モデル運用化支援)を実行する。さらに、人材育成支援(DataRobot利活用・運用方法トレーニング、実験計画法に関する個別トレーニング)なども含まれており、ミルテルの検査サービス全体の発展につなげる。

 今回の取り組みで精度向上を実現した乳がんミアテストは、チューリッヒ保険会社が2020年3月に販売を開始する新しいがん保険「ミエルケア」に付帯するサービスとしての提供を予定する。