アシックスは投資子会社のアシックス・ベンチャーズが、市民向け健康測定サービスを展開するインドのスタートアップ企業Pulse Active Stations Network(パルス・アクティブ・ステーションズ・ネットワーク)に出資したと2020年3月27日に発表した。

健康測定機器を駅の構内などに設置する事業を展開している(出所:アシックス)
健康測定機器を駅の構内などに設置する事業を展開している(出所:アシックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 Pulse Active Stations Networkは2018年にインドで設立されたスタートアップ企業。身長や体重、BMI、体組成、血糖値、血圧などを測定できる健康測定機器を駅の構内などに設置する事業を展開している。

 利用者は1回50インドルピー(約70円)で基本的な健康データを計測できる。計測時間は1~3分。結果をその場で印刷し、利用者に交付する。インドの106の都市に150台を設置済みで、これまでに45万回以上の計測を実施しているという。今後3年間で、設置台数1万台以上を目指している。

 インドでは人口の多くが健康診断を受けられていないと言われており、社会課題の1つとして認識されているという。Pulse Active Stations Networkは、誰でも簡単に健康状態を把握できる社会の形成を目指している。

 アシックスは経済が急速に発展する東南アジアやインド、中東などにおいて、健康志向の強い顧客との接点拡大を狙っている。今後、具体的な協業案を検討していく。