PR

 「ハノーバーメッセ(Hannover Messe)」の主催者であるドイツメッセ(Deutsche Messe)は、2020年の同展示会の開催中止を発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、開催地であるドイツ・ハノーバーにおいて、大規模イベントや集団旅行が禁止・制限されており、同年中の開催は不可能と判断した。主要な来場者および出展者であるドイツ産業界の需要低迷や生産活動停止も大きく影響した。

ハノーバーメッセは2020年の開催中止が決まった(出所:ドイツメッセ)
ハノーバーメッセは2020年の開催中止が決まった(出所:ドイツメッセ)

 ハノーバーメッセが開催されないのは「73年の歴史で初めてのこと」(ドイツメッセ)。現在、来場者と出展者が情報交換できるWebベースのネットワーキングプラットフォームを開発しており、今後公開する予定だという。

 2020年のハノーバーメッセは当初4月20~24日に計画されていたが、ドイツでの新型コロナウイルス感染拡大を受けて、いったんは7月13~17日に延期されていた。2021年は、4月12~16日に予定されている。

関連記事:ハノーバーメッセは7月13~17日に延期へ、新型コロナウイルス感染拡大で