PR

 NECは2020年3月30日、AI(人工知能)を活用して人の視線や姿勢を推定することで、障害者など誰でも演奏できる楽器を開発したと発表した。開発したのは、視線移動で音を奏でる「ANDCHESTRA TRUMPET(アンドケストラ トランペット)」と、腕の動きで演奏できる「ANDCHESTRA VIOLIN(アンドケストラ バイオリン)」という電子楽器である。どちらの楽器も、カメラが認識した情報をベースに演奏する。

 ANDCHESTRA TRUMPETは同社の「遠隔視線推定技術」を用いて、モニターに表示された「ド」や「レ」といった音階を目で追うことにより演奏する。同技術は商品の関心度調査にも使われている。

「ANDCHESTRA TRUMPET(アンドケストラ トランペット)」のデモ。モニターに表示された音階を目で追うことで演奏できる
「ANDCHESTRA TRUMPET(アンドケストラ トランペット)」のデモ。モニターに表示された音階を目で追うことで演奏できる
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、ANDCHESTRA VIOLINは同社が新たに開発した「姿勢推定技術」を用いて、腕の特定のポーズと特定の音が対応するよう設定した。ポーズを変えることにより音を奏でることができる。2種類の楽器の開発に当たり、障害のある人にもアドバイザーとして参加してもらったという。

「ANDCHESTRA VIOLIN」のデモ。腕の特定のポーズにひも付けた音が鳴る
「ANDCHESTRA VIOLIN」のデモ。腕の特定のポーズにひも付けた音が鳴る
[画像のクリックで拡大表示]

 発表と同時に開かれた体験会で、同社IMC本部事業ブランドグループ兼AI・アナリティクス事業部の茂木崇シニア・エキスパートは、同楽器を開発した狙いについて次のように語った。「現段階での事業化は考えていない。AIの可能性を体験してもらうために、楽器を諦めた人に喜んでもらいたいと考えた。将来的にはスマートフォンに実装して、複数の人で合奏することも考えられる」。

 当面は関連イベントなどに出展するなどして、市場ニーズを見極めていく方針だという。