PR

 全日本空輸(ANA)とNECは、ローカル5Gを活用した共創活動を開始した(ANAのニュースリリースNECのニュースリリース)。NECが取得した5Gの実験免許を活用し、ANAグループの実務訓練を行う施設「ANA Blue Base」に日本の航空業界としては初めてローカル5Gが導入される。インフラ整備に必要なネットワーク機器はNECが提供する。

 ANA Blue Baseは3万m2の敷地面積を持つ施設で、安全面やオペレーションをはじめ、ANAブランドの発信を行う人材らの育成を目的としている。5G(第5世代移動通信システム)の特徴である高速大容量・低遅延・多接続を活かして、訓練の質向上やパートナー企業との共創による新たなサービスの開発を目指す。例えば、姿勢や手順、視線、訓練生の感情変化などをローカル5Gに接続した各種デバイスからデータとして収集・分析し、個々に応じたフィードバックを行うことで訓練の効果を高めるという。