PR

 アイリスオーヤマは約10億円を投資し、角田工場(宮城県角田市)の一部を改修して不織布のマスク生産を行うと発表した(ニュースリリース)。生産するのはプリーツマスクおよび学童用のマスク。同工場の空きスペースにクリーンルームを設置し2020年6月から生産ラインを稼働させる。目標生産量は月産6000万枚。これにより、同社が日本に供給するマスクの量は従来比8割増の1億4000万枚/月となる。

アイリスオーヤマが現在国内で販売しているマスク製品
[画像のクリックで拡大表示]
アイリスオーヤマが現在国内で販売しているマスク製品
(出所:アイリスオーヤマ)

 同社は、これまで国内向けマスクも中国の大連工場および蘇州工場で生産してきた。平時は8時間操業だったが、新型コロナウイルス感染拡大による需要急増に対応するため2020年の春節以降は24時間体制で生産し、8000万枚/月を国内に供給していた。しかし、海外生産のリスクや国内での品不足の長期化を受け、「長期的な事業展開を見据えて」(同社広報部)角田工場への生産設備導入を決めた。中国のみに依存していた生産体制を分散するとともに、納入リードタイムを約2週間短縮できるという。角田工場における他生産品目への影響はないとしている。