PR

 情報処理推進機構(IPA)は2020年3月31日、アジャイル開発を外部委託する際の契約条項などをまとめた「アジャイル開発版『情報システム・モデル取引・契約書』(本版)」を公開した。ユーザー企業がITベンダーにアジャイル開発手法を使ったシステム開発を委託する際に活用できるという。IPAのWebサイトからダウンロードして無料で使える。

 資料はアジャイル開発を外部委託する際のモデル契約書とその解説、チェックリストなどから成る。モデル契約書はWordファイルでダウンロードできるため、案件ごとに編集して活用可能。チェックリストは契約締結前に使う。ユーザー企業とITベンダーの担当者は「プロジェクトの目的やゴールなどが明確になっているか」「初期計画や開発体制が十分か」などをチェックできる。

 モデル契約書などはアジャイル開発手法の1つである「スクラム」をベースにしている。IPAは一般的なスクラム開発の進め方やスクラムチームのメンバーの役割(ロール)を、資料中のPowerPointファイル「『アジャイル開発進め方の指針』(進め方指針)」で解説。これを参照すればユーザー企業とITベンダーで開発プロセスについて共通認識を確立・維持しやすくなる効果があるとしている。