PR

 ノルウェー・ノルディック(Nordic Semiconductor)は、2.4GHz無線SoCの新製品「nRF52820」を発表した(ニュースリリース1)。nRF52シリーズの第6弾製品である。

新製品の「nRF52820」
新製品の「nRF52820」
Nordic Semiconductorの写真
[画像のクリックで拡大表示]

 nRF52820は、2019年10月に発表された第5弾製品「nRF52833」(ニュースリリース2)の下位製品に当たり、メモリー容量が小さく、複数の機能が省略されている。新製品のnRF52820のCPUコアは、「Arm Cortex-M4」(64MHz動作で、FPUはなし)。フラッシュメモリー容量は256Kバイト。SRAM容量は32Kバイトである。集積した2.4GHz帯の無線通信(RF)回路は、BLE(Bluetooth Low Energy)、Bluetooth Mesh、Thread、Zigbeeのほか、2.4GHz帯を利用した独自プロトコルにも対応する。またBluetoothに関しては、5.0、5.1、5.2に対応し、Long Range(長距離通信)、Direction Finding(方位検知)、LE Power Control、LE同期チャネルといった機能をサポートできる。

nRF52シリーズ製品の主な仕様
nRF52シリーズ製品の主な仕様
赤枠で囲まれているのが新製品の「nRF52820」。Nordic Semiconductorの表
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品はフルスピード(12Mビット/秒)のUSB 2.0インターフェースを備える。このほか、18本のGPIOや、アナログコンパレーター、SPI/UART/TWI/QDECといったインターフェースを集積する。動作温度範囲は-40~+105℃。電源電圧は1.7V~5.5V。USBポート経由でホストと接続した際は、5VのVBUSからの電源供給も可能である。5VのVBUS供給電源を3.3Vに変換するレギュレーターを集積しており、このレギュレーターの外付けが不要になったため、部品代やボード面積を削減できるという。

 nRF52820はnRF52833とピン互換な5mm×5mmの40ピンQFNパッケージに封止される。現在サンプル出荷中。量産開始時期は公表されていない。

「nRF52820」の機能ブロック図
「nRF52820」の機能ブロック図
Nordic Semiconductorの図
[画像のクリックで拡大表示]