米ヴァージン・オービット(Virgin Orbit)は2020年4月2日、大分空港(大分県国東市)を人工衛星の打ち上げ拠点とすることを明らかにした。同社は、改修したジャンボジェット(ボーイング747-400型機)から人工衛星を空中発射する「水平型打ち上げ」について、技術開発を進めている。早ければ2022年にも、同空港からの打ち上げを始める。

改修したジャンボジェット「Cosmic Girl」からロケット「LauncherOne」を投下する様子
改修したジャンボジェット「Cosmic Girl」からロケット「LauncherOne」を投下する様子
(写真:米ヴァージン・オービット)
[画像のクリックで拡大表示]

 地上の打ち上げ施設とは異なり、水平型打ち上げは、打ち合上げ場所を柔軟に選べるメリットがある。今回の発表を受けて、大分空港はアジアで初めての水平型宇宙港になる見通し。また、大分県は同社と共同で水平型宇宙港に関する技術研究を始める計画で、同県における宇宙産業の創出も目指すとする。