PR

 調査会社のIDC Japanは2020年4月3日、新型コロナウイルスの影響を考慮した国内ICT市場予測を発表した。支出額ベースの国内ICT市場は前年比4.5%減の28兆2155億円になると予測した。

 2019年にWindows 7サポート終了に伴うパソコン入れ替え需要や、消費増税に伴うパソコンなどの駆け込み需要があったことから、IDC Japanは、2020年の国内ICT市場は反動減によるマイナス成長になると予測していた。さらに新型コロナの影響が加わったことで、減少幅が拡大するとみている。製造業のサプライチェーンへの影響や、飲食・宿泊・運輸などのサービス業の低迷、東京五輪・パラリンピックの延期などが国内ICT市場に波及する。

 具体的な減少幅は、スマートフォン/タブレット/パソコンなどのデバイスが前年比22.0%減、サーバー/ストレージ/IaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)/ネットワークなどのインフラストラクチャーが1.2%減、ソフトウエアが4.0%増、ITサービスが1.8%減、テレコムサービスが0.5%減と予測する。これらを合計した国内ICT市場全体では4.5%減の28兆2155億円になる。

新型コロナウイルスの影響を考慮した国内ICT市場の前年比成長率
新型コロナウイルスの影響を考慮した国内ICT市場の前年比成長率
(出所:IDC Japan)
[画像のクリックで拡大表示]

 この予測は、2020年6月末前後で世界と国内において新型コロナ感染が抑制され、その後企業の投資が活性化するという前提に基づく。新型コロナのワクチンが完成するとされる2021年半ばまで国内外で感染が抑制されないという悲観的なシナリオでは、国内ICT市場は前年比6.3%減まで落ち込むと予測している。