PR

 富士通ネットワークソリューションズ(FNETS)と富士通、ケーブルメディアワイワイは2020年4月6日、ケーブルメディアワイワイがスマート工場の実現および地域課題解決の実証実験で活用するローカル5G検証システムの構築を開始すると発表した。2020年10月からの稼働を予定する。

 ケーブルメディアワイワイは、宮崎県の延岡・日向エリアを中心に事業を展開するケーブルテレビ局である。今回構築する検証システムでは、同社にコア設備、実証実験先にエッジコア設備を設置する。無線基地局はNSA(ノンスタンドアロン)方式に対応する。

検証設備のイメージ
検証設備のイメージ
(発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 FNETSは無線局免許の申請支援、無線エリア設計、電波伝搬測定、ネットワーク設計および工事を担当、富士通はローカル5G検証システム(コア装置、無線基地局など)を提供し、実証実験を支援する。ケーブルメディアワイワイは、ローカル5G検証システムの運用計画を担当する。

 3社は、今回構築する検証システムを工場や農地などに展開し、別に準備するカメラや各種センサーなどを組み合わせて高精細映像のリアルタイム伝送による遠隔監視やセンシング、リモート作業支援などを検証する。各種実証実験で得られた結果や知見を基に、スマート工場やスマート農業、防災減災、地域振興など地域が抱える様々な課題解決につながるシステムの実用化に向けて取り組む。