PR

 米Qualcomm(クアルコム)は2020年3月24日、「Snapdragon 865が最先端5Gモバイルプラットフォームである10の理由」と題するコラムを公開した(Qualcommのブログ)。

出所:Qualcomm
出所:Qualcomm
[画像のクリックで拡大表示]

 世界中の5G端末メーカーがSnapdragon 865を採用する理由として、以下の10項目を挙げて解説している。

(1)5Gミリ波帯に対応
5Gでは、6GHz以下の低・中周波数帯から、ミリ波と呼ばれる高周波数帯まで、幅広い周波数を利用する。このうちミリ波帯は、最大7.5Gビット/秒の超大容量高速通信を提供するために重要な役割を果たす。Snapdragon 865は、Snapdragon X55 5Gモデム/RFシステムと連携することで、低域から高域まで主な周波数帯すべてをサポートし、ミリ波対応5Gスマートフォンの開発を支援する。

(2)サブ6でのキャリアアグリゲーション
ミリ波のみならず、サブ6(6GHz未満の周波数帯)利用時で高速化と広域化も実現。従来の2倍を超える5Gビット/秒を実現可能な環境を提供する(ダウンロード時、200MHzのキャリアアグリゲーション)。最近の実験では、TDD方式のサブ6で3.6Gビット/秒を確認している(Snapdragon X55 5Gモデム/RFシステムを使用した200MHzのキャリアアグリゲーション時)。

サブ6で5Gビット/秒を実現可能(帯域幅200MHzのキャリアアグリゲーション,ダウンロード時)
サブ6で5Gビット/秒を実現可能(帯域幅200MHzのキャリアアグリゲーション,ダウンロード時)
出所:Qualcomm
[画像のクリックで拡大表示]

(3)モデムからアンテナに至る包括的ソリューション
Snapdragon 865モバイルプラットフォームは、ベースバンド、RFトランシーバー、RFフロントエンド、アンテナモジュールを含む、モデムからアンテナまでの包括的なソリューションを提供する。相互運用試験による最適化により、通信速度、通信範囲に加え、電力効率も改善し、卓越した5Gユーザー体験を提供する。

(4)ギガピクセルに対応する画像処理プロセッサ
Snapdragon 865モバイルプラットフォームは、毎秒2G画素(ギガピクセル)での処理が可能なSpectra 480 ISP(Image Signal Processor、画像処理プロセッサ)を搭載。2億ピクセルの静止画撮影や、960fps(frame per second)のスローモーションビデオキャプチャー(録画制限なし)などの機能をサポートする。

(5)第5世代AIエンジン
Snapdragon 865が搭載する第5世代AIエンジンは、電力効率を改善しながら、15TOPS(Trillion Operations Per Second、1秒間に15兆回の演算処理)を実現。オーディオ再生、モバイルゲーム、リアルタイム翻訳などでも快適なユーザー体験を実現する。このAI機能は、Resnet34、Inception V3、MobileNet SSD、DeepLab V3+といった一般的なニューラルネットワークモデルでも使用可能となっており、現在も60社を超えるソフトウェアパートナーと連携してAIエクスペリエンス改善に向けた活動を続けている。

(6)長時間の使用に耐えるグラフィック性能
Snapdragon 865のAdreno 650 GPUはAndroidでの持続的なグラフィックス性能を提供。時間の経過と共に性能が低下しがちなGPUにおいて、長時間のゲームやその他使用時も鮮やかで滑らかなグラフィックスの持続を実現する。

長時間使用に耐えるグラフィック性能を提供
長時間使用に耐えるグラフィック性能を提供
出所:Qualcomm
[画像のクリックで拡大表示]

(7)ゲーム用チップの採用
ある調査によると、ゲーム人口の8割以上がモバイル端末でプレーしているという。5Gの登場によって、2021年までに全世界で27億人がモバイル端末でゲームをするようになる。Snapdragon 865のSnapdragon Elite Gamingは、デスクトップパソコンレベルの画質とアップデート可能なGPUドライバーを提供し、HDR10規格をサポート。他のプラットフォームにはない144Hzのリフレッシュレートも実現し、ゲーム向けに高性能・高品質な3次元画像性能を実現する。

(8)Wi-Fi6デュアルバンド同時接続
FastConnect 6800 Mobile Connectivityサブシステムを内蔵し、モバイル向けのWi-Fi 6 デュアルバンド同時接続(Dual Band Simultaneous、DBS)を実現。これによりSnapdragon 865搭載のスマートフォンにて、2x2MIMO + 2x2MIMO構成の2.4GHz帯と5GHz帯のWi-Fi6が同時利用可能となり、高速低遅延のWi-Fiエクスペリエンスが実現する。

(9)超広帯域対応Bluetooth音声通信
、急成長するワイヤレスオーディオに向けて「Qualcomm aptX Voice」をサポートする。Bluetoothを介した32kHzの高品質な音声通信を提供する。これにより、ワイヤレスイヤホン使用時にも、途切れのない、クリアな音声通信を楽しむことができる。

(10)全世界で採用されるプラットフォーム
以上のように、Snapdragon 865を使うことで、様々な優れたユーザー体験が実現可能となる。今や世界各地の多くの携帯電話メーカーに採用されている。

Snapdragon 865と他社プラットフォームの比較
Snapdragon 865と他社プラットフォームの比較
出所:Qualcomm
[画像のクリックで拡大表示]