PR

 AIやIoT向けアクセラレーターなどFPGA(Field-Programmable Gate Array:製造後に構成を変更できる集積回路)の応用を広げることを狙って、「アダプティブコンピューティング研究推進体-ACRi」が2020年4月1日に設立された(ニュースリリース)。ACRiには、筑波大学と東京工業大学の2つの国立大学、および13の企業が参画しており、産学連携組織でFPGAの普及促進を図る。

ACRiの概要と主な研究テーマ
ACRiの概要と主な研究テーマ
(出典:ACRi)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の組織名に含まれる「アダプティブコンピューティング」とは再構成可能なハードウエアをベースにしたコンピューティングシステムを意味するという。具体的には、FPGAのような再構成可能なICを使ったアクセラレーター(特定の作業を高速処理する回路/ハードウエア)を想定する。なお、参画企業のザイリンクスの親会社である米Xilinxは、最新のFPGAをACAP (Adaptive Compute Acceleration Platform)と呼んでいる(関連記事「ベールを脱いだザイリンクスの次世代FPGA、CEOらが講演」)。

 ACRiでは、2つの国立大学が合同で設立したチームが研究活動を行い、そのチームに対して参画企業が資金や技術の面で支援していく。FPGAの設計や設計サポートを業務にする参画企業が多く、FPGAの実設計やFPGA搭載ボードの設計に関するノウハウを提供できるという。研究チームの拠点は東工大の大岡山キャンパス(東京都目黒区)に置く。今後、他大学からの参加を募るという。

 参画企業13社のうち、6社は創設企業とされる。これら6社はACRiの方向性を検討する議論に参加するなど、設立に当初から関わったメンバーだという。創設企業は、アヴネット、ザイリンクス、SUSUBOX、特殊電子回路、フィックスターズ、わさらぼの6社。それ以外の参画7社は、アイベックステクノロジー、アクセル、インターネットイニシアティブ、インテリジェント ウェイブ、KDDI、サイバーエージェント、仏Mipsologyである。

ACRiの参画機関
ACRiの参画機関
(出典:ACRi)
[画像のクリックで拡大表示]

 第1期の活動期間は設立の20年4月1日から3年間。主な研究テーマは、(1)AIなどの処理を高速化するFPGAアクセラレーターの開発、(2)IoTのためのFPGAアクセラレーターおよびFPGAシステムの開発、(3)設計を効率化するためのFPGA活用基盤の開発、である。これらの研究活動に加えて、ACRiは、ACRiの外のFPGAユーザーや潜在ユーザーに対してのFPGA普及活動も行う。例えば、研究成果などの技術情報をセミナーや電子書籍の形で発信したり、オープンなFPGA検証環境を用意したり、質問箱(Q&Aコーナー)や交流の場を設けたりする。なお、FPGA設計環境には、XilinxのFPGAボード「Alveo」が含まれるという(関連記事「フィンテックでFPGAが最も活用されているのはここ、米ザイリンクスが語る」)。

外部に向けた活動
外部に向けた活動
(出典:ACRi)
[画像のクリックで拡大表示]