PR

 台湾ホルテック(Holtek Semiconductor)は、4つのタッチキーを制御できる8ビットMCUの新製品として「BS83A04C」を発表した(ニュースリリース1)。同社が2017年11月に発表した4つのタッチキーを制御できる8ビットMCU「BS83B04C」(ニュースリリース2)の姉妹製品に位置づけられる。

新製品の機能ブロック図
新製品の機能ブロック図
(出典:Holtek)
[画像のクリックで拡大表示]

 従来製品と新製品の主な違いはメモリー容量にある。例えば、タッチキーのデータメモリー容量は16バイトから24バイトに、EEPROMは32バイト(トゥルー)から64バイト(エミュレーテド)にそれぞれ増えた。一方でプログラム用のフラッシュメモリーは4Kバイトから2Kバイトへ減少した。CPUコアの最大動作周波数(8MHz)やSRAM容量(128バイト)は両製品で同じである。このほか両製品とも8本のGPIOや10ビットタイマー、I2Cインターフェースなどを集積する。高いノイズ耐性を持ち、10Vのダイナミックな電磁干渉テストをクリアしているという。

 新製品はBluetooth接続ヘッドホン、モバイルバッテリー、スマート・リスト・バンド、ウオーターサーバー、空気清浄機、キッチンスケールなどに向ける。電源電圧は1.8~5.5V。パッケージは8ピンSOP、10ピンDFN、10ピンMSOPを用意している。新製品のBS83A04Cと従来製品のBS83B04Cはピン互換である。新製品の価格や出荷時期などは未公表。