PR

 楽天モバイルは2020年4月8日、携帯電話の商用サービスの本格的な展開を始めた。同日に料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」の刷新を発表し、パートナーであるKDDI(au)回線エリアのデータ容量の上限を月2Gバイトから5Gバイトに増やしたほか、超過時の通信速度を128kビット/秒から1Mビット/秒に引き上げた。

 Rakuten UN-LIMITは、月2980円で楽天回線エリアでのデータ通信が使い放題となる料金プランだ。ただ楽天回線のエリアは現状、東京や大阪、名古屋などの都市部が中心で、それ以外の地域ではau回線を借りる形となる。そのau回線利用時のデータ容量の上限が今回引き上げられた。

 楽天の三木谷浩史会長兼社長は同日ツイッターで「楽天モバイルは本格始動します。また『Rakuten UN-LIMIT』を2.0へとバージョンアップし、パートナー回線エリアのデータ容量を2GBから5GB/月にアップ、容量消費後の通信速度も1Mbpsに引き上げ無制限でご利用いただけます。日本をもっと元気にしていきたいと思っています」とコメントした。