PR

 独Infineon Technologies(インフィニオン)は、外形寸法が1.5mm×1.1mm×0.39mmと小さい6端子TSNP封止のゲート駆動IC(ゲートドライバーIC)「1EDN7550U」を発売した(ニュースリリース)。同社のゲートドライバーICファミリー「EiceDRIVER」に含まれる製品である。非絶縁型の1チャネル品で、ローサイドスイッチの駆動に向ける。特徴は、小型パッケージに封止したことに加えて、同社が「TDI(Truly Differential Inputs)」と呼ぶ差動入力形式を採用したことにある。

 このため、「スイッチング素子がオン/オフするたびに、寄生インダクタンスによって発生するグラウンド電位の変動でゲートドライバーICが誤動作することを防げる」(同社)という。プリント基板上の実装面積は、一般的な6端子SOT-23封止品と比べると1/5に削減できるとする。パワーMOSFETのほか、IGBTやGaN(窒化ガリウム)パワートランジスタの駆動に向ける。

1.5mm×1.1mm×0.39mmと小さいゲートドライバーIC。Infineon Technologiesの写真
1.5mm×1.1mm×0.39mmと小さいゲートドライバーIC。Infineon Technologiesの写真
[画像のクリックで拡大表示]

 グラウンド電位の静的な(スタチックな)変動に対する耐性は±70V、グラウンド電位の過渡的な(トランジェントな)変動に対する耐性は±150VPEAKを確保した。耐圧は+80V。駆動能力は、ソース(吐き出し)時に最大4A、シンク(吸い込み)時に最大8Aである。ソース時の出力インピーダンスは0.85Ω、シンク時は0.35Ω。入出力間の伝搬遅延時間は、ターンオン時もターンオフ時も45ns(標準値)。立ち上がり時間と立ち下がり時間はどちらも5ns(最大値)である。PWM制御信号入力の電圧振幅は3.3Vに対応する。

 今回の新製品と同社のパワーMOSFET「OptiMOS」を使って、スイッチトキャパシター方式のDDC-DCコンバーター回路を試作したところ、出力電力密度は3060W/(インチ)>3で、ピーク変換効率は97.1%が得られたとする。スイッチング周波数は1.2MHzである。

 低電圧ロックアウト(UVLO)機能を備える。動作接合部温度範囲は−40〜+150℃。6端子SOT-23封止品のほか、6端子SOT-23封止品も用意した。すでに量産を始めている。価格は明らかにしていない。