PR

 パナソニックは、Blu-rayディスクレコーダー「おうちクラウドディーガ」の新モデルを4機種発表した(ニュースリリース)。4機種間では地上デジタル・BS・110度CSデジタル放送チューナー数(3個または2個)やHDD容量(2T/1T/500Gバイト)などが異なる。発売日は4機種いずれも2020年6月26日。市場想定価格は6万3000円前後~4万6000円前後という。

「おうちクラウドディーガ」を4機種発表
「おうちクラウドディーガ」を4機種発表
(出典:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 おうちクラウドディーガでは、スマートフォンのアプリケーション「どこでもディーガ」を使ってさまざまな機能を利用できることが大きな特徴になっている。パナソニックは、ディーガの新機種発売に合わせるなどして、どこでもディーガの機能を強化してきた。新製品4機種を含めた2020年春モデルの発表では、どこでもディーガに音声操作機能を加えた。すなわち、声で番組の予約や検索、再生ができるようになった。どこでもディーガが立ち上がっている音声検索画面で「○○を検索」、「昨日のドラマを再生」のように話しかけて表示された検索結果から、番組を予約したり再生したりできるという。

音声で番組などを選択可能に
音声で番組などを選択可能に
(出典:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 この他、どこでもディーガをインストールしたスマホやタブレット端末を使って、自宅の中だけではなく、外出先からでも、ディーガに録画した番組やリアルタイムの放送を視聴することが可能である。また、ディーガにためた写真・動画・音楽をどこでもディーガ経由で、スマホで楽しめる。どこでもディーガは無料だが同社のWebサイトからダウンロードが必要。このアプリケーションはiOS10.3以降、Android 5.1以降に対応する。なお、サービスの利用には、CLUB Panasonicへの会員登録(無料)と、インターネットサービス「ディモーラ」への機器登録(無料)が必要である。一部サービスの利用には、「ディモーラ」のプレミアム会員登録(有料)が必要だという。

4機種の主な仕様
4機種の主な仕様
(出典:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]