PR

 NECは2020年4月23日、新型コロナウイルスのワクチン開発を支援する取り組みとして、AIの予測技術を活用した遺伝子解析の結果を論文Webサイト「bioRxiv」に公開したと発表した。免疫細胞の一種であるT細胞の活性化を促進しう得るワクチンの設計に向けて、数千種類の新型コロナウイルスのゲノム配列を解析し、世界中の人々に最もよく見い出される100個の「HLAアレル(多様な免疫の型)」に対する「エピトープ(ワクチンのターゲットとなり得るもの)」を特定したという。

 今回の取り組みでは、ノルウェーのバイオテクノロジー子会社であるNECオンコイミュニティ(NEC OncoImmunity)とNEC欧州研究所が協力して研究チームを立ち上げ、NECオンコイミュニティとNECが個別化がんワクチンの開発に使用しているAI予測技術を適用した。

 予測アルゴリズムを用いて新型コロナウイルスの全タンパク質を解析し、そこから得られたデータを基に、ウイルスのタンパク質の中から共通して見られるエピトープを重複して含む「ホットスポット」を、複数のHLAアレル型に対して特定したという。

 また同アルゴリズムを活用して、世界中の人々を最も広くカバーしてかつ、ウイルスのタンパク質の中から変異が少なく今後も変異されにくいであろう保存領域で得られた最適なホットスポット群を優先的に選定。さらに安全性に配慮し、ウイルスのエピトープで人のタンパク質との類似性が高く、特に重要臓器に発現しているものは除いたとする。