PR

 JAXAと情報通信研究機構(NICT)、ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)は2020年4月23日、宇宙と地球間の双方向光通信に成功したと発表した。国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟に設置した小型光通信実験装置「SOLISS( Small Optical Link for International Space Station)」とNICTの光地上局との間に、波長1.5μm帯のレーザー光の双方向光通信リンクを確立し、相互にイーサネットインターフェースを通じてHD画像データを伝送した。小型衛星搭載用の光通信機器で、イーサネットによる通信を実現したのはこれが世界初の事例だという。

SOLISSから光通信で伝送されたHD画像
SOLISSから光通信で伝送されたHD画像
(出所:ソニーCSL)
[画像のクリックで拡大表示]

 SOLISSの光通信部には、ソニーが「Blu-ray」などで長年培ってきた光ディスク技術が使われている。光通信方式は現在主流の無線通信方式に比べて小型化・高速化などが可能だが、レーザー光の正確な照射技術が求められる。そこでソニーの光ディスクのピックアップ技術を応用し、数千km先でも高精度にレーザー光を照射できるようにした。また、SOLISSの開発にあたり NICTが保有する光衛星通信技術も活用した。

実験の概念図と、各システムの外観
実験の概念図と、各システムの外観
(出所:ソニーCSL)
[画像のクリックで拡大表示]

 SOLISS は2019年9月、きぼうの船外実験プラットフォームにある中型曝露実験アダプター(i-SEEP)に設置され、以来各種パラメータの調整を行いつつ週1回程度の通信試験を続けていた。そして2020年3月11日に、SOLISSから送信されたHD画像を、 100 Mビット/秒のイーサネットインターフェスを通じてNICTの光地上局が受信することに成功した。通信安定性の向上を目指して、実験は2020年6月初旬頃まで継続する見通し。