PR

 ネット型リユース事業を手がけるマーケットエンタープライズ(東京・中央)は2020年4月23日、2020年第1四半期(1Q、1~3月)における中古スマホ端末(iPhone、Androidスマホ)の取引数ランキングを発表した。同ランキングは、中古スマホ端末取引の大手4市場(ヤフオク!、メルカリ、ムスビー、ラクマ)の動向を分析した結果である。

iPhone 8の取引数が大幅増

 中古iPhone市場のトップ10ランキングは9位を除く他すべてを「iPhone 8」と「iPhone 7」が占めた。このうちiPhone 8の取引数は前期(2019年第4四半期)と比較して約31%増加した。マーケットエンタープライズによれば、携帯電話事業者の割引キャンペーンの実施によって価格が下がったことが原因とする。同社 中古モバイル市場アナリストの菅野辰則氏は「安価に購入できたiPhone 8などが中古市場で多く取引された結果、新品・未使用や未使用に近い状態の新古品の取引数量がiPhone市場では約16%上昇した」と明かす。

2020年第1四半期の中古iPhoneランキング
2020年第1四半期の中古iPhoneランキング
出所:マーケットエンタープライズ
[画像のクリックで拡大表示]