日本光電グループは、気管挿管型人工呼吸器「NKV-550シリーズ 人工呼吸器」の製造販売承認を2020年4月24日に取得したと発表した。自動車メーカーや電機メーカーなどのパートナーの協力を得ながら、日本政府とも連携してNKV-550シリーズの国内生産を進めていく。

(出所:PIXTA)
(出所:PIXTA)

 NKV-550シリーズは、米国の日本光電オレンジメッド(カリフォルニア州)で開発・生産している気管挿管型人工呼吸器。日本光電グループ初の自社製人工呼吸器という。2019年に発売し、世界各国の医療機関に提供している。

 今回、新型コロナウイルスの感染拡大によって人工呼吸器の需要が高まっていることから、国内市場向けに富岡生産センタ(群馬県富岡市)で生産することとなった。新型コロナウイルスに係る医療機器として、厚生労働省および医薬品医療機器総合機構(PMDA)において必要な薬事手続きを優先的かつ迅速に処理された。

 富岡生産センタでは、気管内挿管や気管切開を行わないNPPV(非侵襲的陽圧換気)を実施する人工呼吸器「NKV-330」の増産体制の構築を進めている。今回の承認を得たことで、NKV-330とNKV-550シリーズの2機種を供給できる体制になる。国内の医療機関向けとしては両製品とともに、引き続きスイスHAMILTON MEDICAL製の気管挿管型人工呼吸器を提供していく。