PR

 シミックとMICINは、MICINのオンライン診療サービスを基に、バーチャル臨床試験システム「MiROHA(ミロハ)オンライン診療」を共同開発した。臨床試験や臨床研究などの医薬品開発支援への応用を目指しており、製薬企業やCRO(医薬品開発支援業務受託機関)、臨床試験・研究実施医療機関を対象に提供する。

オンライン診療時の画面イメージ(出所:MICIN)
オンライン診療時の画面イメージ(出所:MICIN)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型コロナウイルス感染症の拡大により、臨床試験の現場においても患者や医療従事者の感染リスク低減に向けて、オンライン診療への関心が高まっているという。今回のシステムを活用すれば、医療機関側の受け入れが困難な状況でも、被験者に対するオンラインでの診療が可能。新型コロナウイルス感染症のリスク対策の一助になるとする。

 共同開発したMiROHAオンライン診療は、臨床試験での特殊なデータ収集要件を満たすためにeSource(Electronic Source Data:臨床試験の原資料となり得る電子原データ)機能を搭載した国内初の臨床試験用オンライン診療システムになる。

 ビデオ通話機能を活用することで通院での受診回数を削減し、被験者の負担を軽減する。この他に、臨床試験を実施する医療機関への通院が困難な患者の参加機会が拡がり、臨床試験の登録を促進できる。これらの効果で早期の症例登録による臨床開発費の削減に寄与する。

 試験実施医療機関と被験者とのコミュニケーションの促進も期待できる。服薬方法が複雑な試験薬のアドヒアランス(患者が治療方針の決定に関与し治療を受けること)の向上や、被験者の臨床試験の継続意思に関わる情報の速やかな伝達などの効果が見込まれる。