PR

 アルプスアルパインは、パネルに触れることなく操作できる「タッチレス操作パネル」を開発していると明らかにした(図1ニュースリリース)。感染症リスクを低減したい医療・介護現場や公共施設の他、調理中にパネルに触れて汚したくないという家庭の台所などでのニーズを想定。2021年ごろの製品化を目指して市場調査を進めるという。

図1:タッチレス操作パネル
図1:タッチレス操作パネル
(出所:アルプスアルパイン)
[画像のクリックで拡大表示]

 タッチレス操作パネルは、高感度な静電センサーによってパネルから10cm離れた位置にある手の存在を検知する(図2)。5cmまで近付くと手の位置を検知でき、3cmまで近付けば指の位置も捉えられる。この一連の動作における手の接近検知も可能だ。

図2:静電センサーによる検知範囲
図2:静電センサーによる検知範囲
(出所:アルプスアルパイン)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、検出したデータを独自のアルゴリズムで処理し、手・指の位置やジェスチャーに応じたさまざまな操作を実行する。例えば、指を一定時間かざして照明のスイッチをオン/オフする、手のひらで右から左へ払うようなしぐさをして画面を遷移させる、といった操作が可能だ。タッチレス操作に加えてタッチ操作にも対応する。

 同社は、2020年1月に米国・ラスベガスで開催された電子機器見本市「CES 2020」において、タッチレス操作パネルの応用を提案。エアコンの温度・風量などの空調、天井・スタンド照明のオン/オフやカーテンの開閉による照度調整をタッチレス操作パネルで実行するデモ機を展示した(デモ機を操作する様子)。デモ機では、手・指の距離や操作内容とディスプレー表示を連動させるとともに、音によるフィードバックを組み合わせたため、初めて見る人も感覚的に扱えたという。

 飲食店での注文や公共施設での受け付け、医師によるカルテの記入など、省人・効率化を目的としたタッチパネル型デバイスの導入・普及が進む一方、同社によるユーザーへのヒアリング調査では、操作パネルへの接触に抵抗を感じる場面も多いことが分かった。例えば医療施設では、パネルを介して菌・ウイルスに感染するのではないかという不安がある。列車の券売機や公共施設内のトイレの洗浄スイッチについては、付着した汚れに嫌悪感を持つという声があった。さらに家庭内でも、お菓子を食べたり調理したりしながら機器の操作パネルに触りたくない場合がある。このように、直接触らずに操作できるパネルへのニーズは多いと同社はみている。