PR

 花王と北里大学、バイオベンチャーのEpsilon Molecular Engineering(EME)は2020年5月7日、新型コロナウイルスのヒト細胞への感染を抑制する低分子抗体を作製したと発表した。診断薬や治療薬の開発につながる可能性があるため、実用化を目指す提携先を募る。

VHH抗体は通常の抗体よりも分子量が小さい
VHH抗体は通常の抗体よりも分子量が小さい
(出所:花王)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回作製したのはVHH(Variable domain of Heavy chain of Heavy chain)抗体と呼ばれるもの。新型コロナウイルスの表層に存在するS1たんぱく質に結合し、ウイルスがヒト細胞の受容体を介して感染するのを抑制する。VHH抗体は一般的なIgG抗体と比較して10分の1の分子量で小さいため、微生物を利用して低コストで大量に製造できる。安定性が高く、保管や輸送の際も取り扱いが容易とされる。

 花王の安全性科学研究所グループリーダーの森本拓也氏は「VHH抗体は改変しやすく、新型コロナウイルスの変異にも迅速に対応できる」と、感染症領域でVHH抗体を活用する利点を話す。

 花王はEMEの「cDNAディスプレイ法」を用いて新型コロナウイルスを対象としたVHH抗体を作製した。cDNAディスプレイ法を使うと抗体作製までにかかる時間を短縮できる。cDNAディスプレイ法ではまず、新型コロナウイルスのS1たんぱく質と結合する可能性が高い遺伝子配列を決定する。得られた遺伝子配列をもとに微生物で多種類のVHH抗体を作製し、S1たんぱく質との結合能を評価。高い結合能を持つVHH抗体の候補を選出した。

 その後花王は、北里大学大村智記念研究所ウイルス感染制御学I研究室の片山和彦教授と共同で、VHH抗体候補の感染抑制能を検証した。VHH抗体候補と新型コロナウイルスを、培養したヒト細胞に同時に反応させたところ、ヒト細胞への感染を抑制することが示されたという。「得られたVHH抗体は、風邪の原因であるコロナウイルスOC43に対しては感染抑制能を発揮しなかった。新型コロナウイルスへの特異性を示唆している」と森本氏は紹介していた。