大日本印刷(DNP)は2020年5月7日、物流用の無人搬送ロボットの高精度制御や自己位置推定に活用できるマーカー「DXマーカ」を開発したと発表した。DXマーカは角度検出に優れており、たとえば倉庫の荷物の側面に貼付すると、カメラを搭載した無人フォークリフトが積み込み時にマーカーの傾斜角度を認識し、爪(フォーク)の微調整を行い、安全な積載が可能になる。建物のドアや柱に同様のマーカーを設置することで、無人移動体の位置も検出できるという。

大日本印刷が開発したDXマーカ
[画像のクリックで拡大表示]
大日本印刷が開発したDXマーカ
(出所:DNP)

 DXマーカはDNPが長年培ってきた高精密な印刷技術をガラス基板上に施したもので、これによって角度±1度のセンシングが可能になるという。既存の紙製マーカーだと、紙の収縮や表面の凹凸により、正確な角度認識が難しいという問題があった。

 大きさは40mm角と80mm角の正方形の2種類があり、厚さは0.7mm。高精度なマーカー自体は産業技術総合研究所(産総研)が人工衛星の挙動計測などを目的に開発したもので、今回DNPは産総研から技術移転したベンチャー企業のリーグソリューションズと協業の下、精度を維持しながらコストを下げる改良を行った。

DXマーカを認識・解析している様子
[画像のクリックで拡大表示]
DXマーカを認識・解析している様子
(出所:DNP)

 荷物積載のほかに、ドローンなどの無人移動体が建物内のどこにいるのかを把握する位置検出にも役立つ。たとえば事前にDXマーカを建物内の要所に貼付しておき、そこを通過する無人移動体がマーカーを読み取って位置を検出するといった使い方が考えられる。DNPは今後、物流機器メーカーと共同でDXマーカを使った自動搬送システムの実証実験を行う予定。