PR

 個人情報を含む行政情報が記録された神奈川県庁のHDDが流出し、オークションサイトで販売された事件で2020年5月11日、窃盗罪に問われたブロードリンクの元社員、高橋雄一被告に対する公判が東京地方裁判所で開かれた。検察側は懲役2年を求刑した。

 この事件は2019年11月27日に「ブロードリンクが廃棄したはずのサーバーのHDDがネットオークションで転売されている」という外部からの通報で発覚した。オークションサイトの「ヤフオク!」やフリマアプリの「メルカリ」で神奈川県のものを含むHDDやデジタルカメラなどが出品・落札されていた。「元社員が入社した2016年2月以降、ネットオークションに出品、落札された総個数は7844個」(ブロードリンク)という。

 ブロードリンクはこの事件をきっかけに業績が悪化。2020年1月には従業員の解雇および事業所の閉鎖を決めるなど、経営に大きな影響が出た。