PR

 福岡市は2020年5月11日、新型コロナウイルス特別定額給付金についての疑問に答えるスマートフォンのチャットボットを導入した。チャットボットによって申請に必要な書類などの情報を伝え、市民の窓口訪問時の書類不足を減らしたり、市職員の対応事務負担を軽減したりする狙いがある。福岡市のLINE公式アカウントから利用できる。

福岡市の特別定額給付金に関するチャットボットの画面例
福岡市の特別定額給付金に関するチャットボットの画面例
(出所:LINE Fukuoka)
[画像のクリックで拡大表示]

 チャットボットは、質問したい内容の項目をスマートフォンの画面で選択して情報を得る仕組みだ。申請に必要な書類や申請期限といった基本的なものに加え、「世帯主が長期不在」「住民票と現在の居住場所が異なる」といった状況ごとの申請方法についても質問できる。住民基本台帳に記載がある外国籍の人も対象になるため、今後日本語以外の5カ国語(英語、韓国語、中国語、ベトナム語、ネパール語)でも同様の情報提供を始める予定。