PR

 ドイツ・フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は2020年5月8日、スウェーデンのノースボルト(Northvolt)との合弁事業に新たな投資を行うと発表した。VWグループが約4億5000万ユーロを投資し、ドイツ・ザルツギッターにあるVWの研究開発拠点内に、Liイオン電池セルを生産する工場を建設し、合弁会社に貸与する。電池セルの生産は2024年初頭から開始する予定で、初期生産能力は16GWhになるという。

Center of Excellence内にある電極シート自動積層装置
Center of Excellence内にある電極シート自動積層装置
[画像のクリックで拡大表示]

 VWグループは電動化戦略の一環として、電池セル生産の技術や知識を蓄積している。ザルツギッターの研究開発拠点「Center of Excellence」で電池セルの研究を行っており、パイロットラインが2019年から稼働している。その拠点内に新たに電池セル生産工場を設けることで、開発した技術を直接製造プロセスに反映させる計画だ。

 VWグループは、さまざまな電池メーカーと提携することで電池の供給基盤を整えており、電動車の生産販売能力の安定化を図っている。ノースボルトのほか、韓国のLG化学(LG Chem)やサムスンSDI(Samsung SDI)、SKイノベーション(SKI)、中国CATLなどと電池セルの供給契約を結んでいる。2025年には欧州だけで150GWhの年間需要が見込まれ、アジアでも同程度の需要があると見ている。