PR

 米クアルコム(Qualcomm)は、5G対応のスマートフォン向けプロセッサーSoCの新製品「Snapdragon 768G」を発表した(ニュースリリース)。スマホ向けSoCのSnapdragonには複数のシリーズがあり、ハイエンドが8シリーズ。7シリーズはそれに次ぐ。各シリーズには複数の製品があり、今回のSnapdragon 768Gは7シリーズの中のハイエンド製品になる。

今回の新製品
今回の新製品
Qualcommのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 これまで、7シリーズの中のハイエンド製品は、2019年12月の「Snapdragon Tech Summit 2019」で発表された「Snapdragon 765/765G」だった*1。765と765Gの違いは、Gが付いた後者にはゲーム向けの機能「Snapdragon Elite Gaming」が一部含まれていることである。今回の新製品もGが付いており、すなわちSnapdragon Elite Gamingの一部機能が含まれているため「没入的ゲーム体験を提供できる」(同社)という。

 19年12月発表の765Gと今回発表の768Gは同じ7nmプロセスで製造されるが、Qualcommによれば主な違いは3つあるという。第1は、CPUコア「Kryo 475」の最大動作周波数が765Gの2.4GHzから768Gでは2.8GHzに上昇したこと。第2は、GPUコア「Adreno 620」の処理性能を最大15%向上させたこと。第3は、アップデート可能なGPUドライバーを備えたことである。

 今回の768Gは、765及び765Gとピン互換・ソフトウエア互換という。また、768GのRF ICには、765及び765Gと同じく、「X52 5G Modem-RF System」を組み合わせる。これで、ミリ波帯・サブ6GHz帯を含む世界の主要地域の周波数帯、NSA及びSAモード、Dynamic Spectrum SharingによるTDD及びFDD、グローバル5Gローミング、マルチSIMなどをサポートし、ダウンリンク速度は最大3.7Gビット/秒、アップリンク速度は最大1.6Gビット/秒を実現するという。

 Snapdragon 768Gは搭載した最初のスマホは、中国Xiaomi(小米)の「Redmi K30 5G Racing Edition」である。このスマホは、5G SA・NSAのデュアルモードをサポートし、120Hzディスプレーや64M画素カメラなどを搭載している。