PR

 慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(慶応SDM)とNTT東日本は2020年5月11日、新型コロナウイルス感染拡大後に発生したり、深刻化したりした社会課題の解決を目指すための共同研究を開始したと発表した。慶応SDMでは、人工衛星から得られるデータを農業の効率化などに活かす研究を以前から行っており、今回はそうした「宇宙IoT」の技術を、スマートシティーや災害対策といった地域の活性化に使う方針だ。

両者の共同研究の概念図
[画像のクリックで拡大表示]
両者の共同研究の概念図
(出所:NTT東日本)

 慶応SDM は「システム×デザイン思考」の教育を推進しており、この一環で宇宙IoTの研究を進めている。システム×デザイン思考とは、物事を俯瞰的に捉える「システム思考」と、ユーザー視点で考える「デザイン思考」の2つを融合した思考法のこと。一方でNTT東日本は、地域間のネットワーク構築や、地域内でのICTサービスの提供に強みがある。両者のこうした知見と技術を持ち寄り、問題解決にあたる。

 共同研究は、労働人口の減少やインフラの老朽化、新型コロナウイルスの影響による社会変化といった各地域の問題を対象に行う。まず、システム×デザイン思考によって地域課題の原因を分析し、その解決シナリオを自治体などと共同でつくる。そして策定した解決シナリオに沿って、両者が有するIT技術を使うことで、地域課題を解決するというソーシャルビジネスを考えている。新型コロナの感染防止のために現在利用が拡大しつつあるオンラインでの協調作業の推進も行うという。