PR

 東京大学とプロドローンは2020年5月13日、海中および海底の観測を効率・高速化する2種類のドローンを開発したと発表した。1つは「海中観測機器投下型ドローン」、もう1つは「海面着水型ドローン」である。通常、こうした観測の手段としては船舶やブイをプラットフォームとすることが多いが、リアルタイム性や機動性の不足が課題となっていた。時速40 km/h以上で海面付近を高精度に位置制御しながら自動で往復するドローンを活用することで、課題の解消を目指す。

海中観測機器投下型ドローンの外観
[画像のクリックで拡大表示]
海中観測機器投下型ドローンの外観
(出所:東大)

 海中観測機器投下型ドローンは、観測機器の自動投下とデータ収録機能を搭載し、観測者は陸上に居ながらタブレットやリモコンで観測することができる。静岡県焼津市沖で実施したフィールド実験では、5m/s以上の風雨という厳しい気象条件の時間帯もあったが、観測機器の投下と観測データの取得に成功した。15分ごとにデータを取得できたという。このドローンは既に実運用可能なレベルに達しており、同一地点の海洋環境を継続的に監視する場合などに役立つという。今後、社会実装に向けた機能面・運用面の検討を進める。

海中観測機器投下型ドローンが観測機器を投下する様子
[画像のクリックで拡大表示]
海中観測機器投下型ドローンが観測機器を投下する様子
(出所:東大)

 一方、海面着水型ドローンは、GNSS(衛星測位システム)を搭載することで高精度に位置決定をしながら、漂流観測ブイとして海面を保持し、離着水によって機動的に移動できる。波浪や風浪といった悪天候下の観測では、海面上の機体の精密な位置データと動揺データが求められるが、本実験ではそれらのデータの記録に成功した。沿岸海水採取や海洋プラスチックごみの把握といった、海洋環境の準リアルタイム計測ができる機動的なブイとしての活用が見込まれている。ただし、実用化に向けては現状では飛行時間の短さや、耐波性能に課題を残しているという。

海面着水型ドローンが離着水する様子
[画像のクリックで拡大表示]
海面着水型ドローンが離着水する様子
(出所:東大)