KDDIがアーティスト向け配信基盤、現実と仮想の渋谷で同一コンテンツ提供も

渋谷を模したイベント会場「バーチャル渋谷」。利用者はアバター(分身)を使って会場内を自由に動ける (出所:KDDI)
渋谷を模したイベント会場「バーチャル渋谷」。利用者はアバター(分身)を使って会場内を自由に動ける
(出所:KDDI)

カーソルキー(←/→)でも操作できます