三菱電機は2020年5月18日、5Gの実験試験局免許を取得し、ローカル5Gの実証実験を同社の名古屋製作所で開始したと発表した。基地局と同社のファクトリーオートメーション(FA)製品との無線通信伝送性能の検証や、ローカル5Gのユースケースの検討を行う。実験結果は同社の製品やサービスに活用し、パートナー企業と連携したビジネス化を目指す予定だという。

実証実験の概念図
[画像のクリックで拡大表示]
実証実験の概念図
(出所:三菱電機)

 同実験では、シーケンサやGOT(グラフィックオペレーションターミナル)、エッジコンピューターといったFA製品同士を、ローカル5G基地局経由で接続し、通信性能を検証する。使用周波数は準ミリ波帯の28.2G~28.3GHz。ローカル5Gを使った遠隔での運用保守、AR・VRを活用した作業効率化が可能かの検討も行う。

 同社では、通信システムやアンテナ技術、光デバイスといった自社製品と、ローカル5Gシステムとを組み合わせた、ワンストップで構築・提供できるソリューションの開発を進めており、同実験はその一環になる。