独Siemens Healthineersは、CT(コンピューター断層撮影装置)画像を用いた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の解析をAI(人工知能)で支援する臨床研究向けソフトウエアを開発し、世界の医療施設へライセンス提供を開始した。これを受けて日本のシーメンスヘルスケアは、日本の医療施設と同ソフトウエアを用いた共同研究を開始すると2020年5月18日に発表した。

解析の流れのイメージ(出所:シーメンスヘルスケア)
解析の流れのイメージ(出所:シーメンスヘルスケア)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のCOVID-19用解析ソフトウエアは、ディープラーニング(深層学習)技術を用いて開発したAIソフトウエアをベースに、肺炎の画像解析に特化して開発を進めたもの。胸部CT画像から肺炎に共通して現れる肺の異常パターンである「すりガラス陰影(GGO)」や「浸潤影(consolidation)」を自動的に検出し定量化する。ただしソフトウエアは研究用に開発されたプロトタイプであり、臨床における診断には使用できない。

 Siemens Healthineersは、医療におけるAI技術開発に1990年代から携わってきた。マシンラーニング(機械学習)では600件以上、ディープラーニングでは125件の特許を取得しており、すでに45を超える製品やソリューションにAI技術が生かされているという。今回のソフトウエアの提供によってCOVID-19に対応する医療現場を支援するとともに、医療機関からフィードバックを得てAI技術をさらに高度化していく。