PR
無料セミナー
接触確認アプリ、本当に使う?~公益のための個人データ活用とは 6/8 18時

 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は2020年5月19日、「緊急事態宣言解除後のセキュリティ・チェックリスト」を、同協会のWebサイトで公開した。

 新型コロナウイルス対策として政府が緊急事態宣言を発令したことで、在宅勤務に取り組む企業は多い。宣言解除後、こうした企業が従業員を在宅勤務から通常勤務に戻したり、テレワークを活用し続けたりしていくうえで、情報セキュリティー面のリスクがないかどうかを同チェックリストで確かめられるようにする。

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)が公開した「緊急事態宣言解除後のセキュリティ・チェックリスト」の一部。ワード形式のファイルもダウンロードできる
日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)が公開した「緊急事態宣言解除後のセキュリティ・チェックリスト」の一部。ワード形式のファイルもダウンロードできる
(出所:日本ネットワークセキュリティ協会)
[画像のクリックで拡大表示]

 チェックリストは「停止したシステムの再稼働における注意事項」「テレワークで社外に持ち出した機器を社内NWに接続する際の注意事項」「緊急措置としてテレワークを許可した業務やルールを変更した業務の扱い」「Withコロナフェーズに向けた、業務見直しとセキュリティ対策」という4つの観点からなり、24のチェック項目がある。

 チェック項目には、在宅勤務で使った端末や外部記憶装置を通常勤務で使う前に、紛失していないかどうかや、マルウエアに感染していないかどうかを確認するものがある。さらに在宅勤務を含めてテレワークを継続していくために、テレワークで行う業務のリスクを情報セキュリティーの観点で再評価したり、緊急事態宣言の再発令に備えてテレワーク環境などを見直したりする項目も設けている。